<※2017年度決定版>転職サイト評価ランキング

転職サイトランキングTOP >> 業界別・お勧め転職サイト >> 店舗・小売業界

店舗・小売業界に強い転職サイト

現在日本にはさまざまな転職支援サービスサイトが存在しています。以前のように、1つの会社に就職をしたら、一生そこで骨を埋めるという就業スタイルは、もはや存在しておらず、転職を繰り返して、キャリアを積むという欧米的なスタイルが主流になっているのも、ひとつの要因になっています。ここまで多い転職支援サービスサイトも、それぞれに、特徴というものがあるものです。自分が転職を目指す職種に強いサイトを利用しなければ、より良い転職を実現することは難しいのです。ここでは店舗・小売業界にスポットを当てていきましょう。

店舗・小売業界は、いわゆる百貨店やコンビニエンスストア。さらにはホームセンターなどの小売業者のことであり、現在では大手企業の合併や統合などが著しく、業界再編の渦中にある業界でもあります。このことから、店舗・小売業界において、転職活動を成功させるためには、実績や経験というものの他にも、新しい革新というものをもたらすことができる人材というものを求めている傾向にあるのです。

消費者のニーズが多様化し、市場が成熟している中、小売業間での競争が激化しているため経営が厳しさを増していると言える状況なのです。百貨店であれば、上位であった大手百貨店が次々と統合していき、1兆円規模の企業を軸にして、4社の独占状態になっています。さらに、シェア拡大のための出店というものが活発になっていますが、企業体力の差から、ますます国際資本を巻き込んだ合併が活発になることが予測されます。

多くの企業がグループ化をすることで、共同仕入れによるローコストオペレーションの実現をなしとけ、海外のメガスーパーに匹敵する売上規模を獲得している状態なのです。こういった業界の傾向が、転職活動を行っていく上で、確実に把握していて欲しい情報だと言えるでしょう。

こういったことからも、転職希望者が持っていて欲しいスキルや特徴としては、幅広い知識と経験。また語学によるコミュニケーション能力の高さというものがポイントになってくるでしょう。前述にもありますが、海外資本を巻き込んでの合併なども考えると、英語力であったり、そのほかの言語を操ることができるという点は、かなり大きなアドバンテージになるはずです。当然に商品情報を理解したり、逆に説明することができる語学力と、交渉力を身につけておく必要がありますね。店舗・小売業界においては、やはり老舗のリクルートエージェントや、マイナビエージェントが、業界の中でも一歩抜きん出ている状況と言えるでしょう。


Copyright (C) 2013-2017 <※2017年度決定版>転職サイト評価ランキング All Rights Reserved.