<※2017年度決定版>転職サイト評価ランキング

転職サイトランキングTOP >> 業界別・お勧め転職サイト >> 官公庁

官公庁に強い転職サイト

転職支援サービスサイトというものは、それぞれに得意・不得意分野を持っているものです。たとえば、一般的な事務職や営業職などの業界の求人には強いものの、webデザイナーやクリエイティブな求人には弱いというようなことです。こういった傾向を間違ってしまうと、はっきりいって転職活動をしてみても、自分の想像とは違っているミスマッチな転職先を紹介されてしまうという顛末を迎えてしまうことになるでしょう。

その中でもここでは、宮内庁にスポットを当てて紹介していきましょう。前提として宮内庁とは、皇室関係の国家事務及び、政令で定める天皇の国事に関しての行為に係わる事務を司り、御璽・国璽を保管すると、宮内庁法第一条第二項に記されています。

しかしながら宮内庁の求人とは言っても、さまざまな職業が存在します。たとえば電気工事を行ったりする業者も、宮内庁御用達となるわけですね。他にもweb業界などでも、コンテンツ営業などの仕事が存在します。また料理人なんてものもそうでしょう。つまりは、ある意味で別世界でのさまざまな業種の転職案件が存在しているということなのです。

つまりは幅広いスキルを持った人間に、宮内庁に係わる仕事をすることができるということになります。さらには、国家公務員から合格し、宮内庁の面接を受け、合格をすることができれば、事務職や技術職を行うことが可能です。つまりは通常の転職活動に加え、転職のための試験というものが必須になってくるのが、宮内庁への転職方法なのです。

他にも、皇宮護衛官という皇宮の警備業務を担当する職種も存在しています。こちらを希望するのであれば、皇宮護衛官採用試験というものを受験する必要が出てきます。つまりは宮内庁で働きたいと思っている場合には、何も特殊な資格が必要だとか、生まれの良さなどが必要であるということはまったくありません。国家公務員試験や、それぞれに必要な試験を受けてパスをすれば、当たり前に働くことができるのです。

国家公務員試験に応募をしなければならないために、基本的には、転職支援サービスサイトなどは関係ないように思えますよね。しかしながら、転職支援サービスサイトを利用するメリットは、多分にあるのです。転職支援の老舗とされているリクルートエージェントや、マイナビエージェントならば、こういった国家公務員試験対策の相談にも乗ってくれることになるでしょう。面談の際のノウハウなどは、宮内庁の試験にも十分に通用することになりますから、是非とも利用をしてみるべきでしょうね。


Copyright (C) 2013-2017 <※2017年度決定版>転職サイト評価ランキング All Rights Reserved.