<※2017年度決定版>転職サイト評価ランキング

転職サイトランキングTOP >> 業界別・お勧め転職サイト >> 教育業界

教育業界に強い転職サイト

多くある職業種の中でも、ここでは教育業界にスポットを当てて紹介しましょう。教育業界は。ゆとり教育であったり、少子高齢化などを始め、社会の変化に対して、非常に影響を受けやすく、そのたびに変革を必要とされる業界でもあります。しかしながら、その一方で、社会的なやりがいを感じられる業界であり、ビジネスの充実感というものが、凝縮された稀有な業界でもあります。

日本経済の長引く不況の影響で、一部の業界を除き、ほとんどの業界がその影響を受けているというのが現状です。この一部の業界に当たるのが教育業界なのです。上場塾19社の売上推移を見てみると、2009年期までは右肩上がりであり、2010年から2012年までの2年間は横ばい傾向にあったものの、また2013年からは、上昇の傾向を見せているのです。このことからも、不況などの外的要因に大きく左右されない業界であるといえるのです。

むしろ不況の世の中であるからこそ、我が子に苦労をさせたくないという理由から、教育にかける費用を惜しまないという傾向があるものなのです。もちろん要因はそれだけとは言えず、各教育企業の創意工夫の賜物でもあると言えるでしょうが、生活費や娯楽費などにかけるお金とわが子に投じる教育費のどちらに優先度を置くかは、お子さんをお持ちの方であれば用意に想像がつくものでしょう。

エンゲル係数ならぬ、エンジェル係数という新しい言葉ができたように、現在の世の中では、家計における子供にかける費用というものを惜しまない傾向が見られているのです。このことからも、教育業界だけでなく、他業界からさまざまな形で、さまざまな企業が教育業界へと参入しているという状況になっているのです。

しかしながら、良いことばかりではなく、少子化により影響によって、小中高生の絶対数が少ないことから、将来的には何が起きてもおかしくはない業界でもあると言えるでしょう。この対策のために、塾のダウンサイジングを行ったり、個別指導の開始、高校生部門や中高一貫受験部門の創設、さらには幼児や低学年向け市場の開拓といった新しい分野に進出して、売上高を維持するなどの企業努力を続けているという現状があります。

転職に強い転職支援サービスサイトとしては、大手のリクルートエージェントや専門分野の特色が強いDODAやイーキャリアなどが強い傾向が見て取れますね。その他にも前述にあるような傾向をしっかりと把握している転職支援サイトを選んで、利用することをオススメしますよ。


Copyright (C) 2013-2017 <※2017年度決定版>転職サイト評価ランキング All Rights Reserved.