<※2017年度決定版>転職サイト評価ランキング

転職サイトランキングTOP >> 業界別・お勧め転職サイト >> 建築・土木業界

建築・土木業界に強い転職サイト

ここでは建築・土木業界にスポットをあてて紹介していきましょう。建築・土木業界では、大きく分けて、建築設計、土木・インテリアの3つに分けることができます。求人の多い職種でいえば、施工管理、環境コンサルタント、設備管理や設備保全、ビル管理。設計や設計監理。ゼネコンやサブコン。建築メーカーなど非常に多くの職種が存在している業界です。

転職事情としては、建築設計の知識やノウハウというものが、不動産業界でも十分に活用できるために、現在息を吹き返し、需要が高まりつつある不動産業界へと、人材が流出している傾向が見られるのです。ですから、逆に建築・土木の分野において、人材が不足している傾向があり、主に首都圏を中心として、施工管理者の人材不足が深刻な問題となっている状況です。つまりは転職状況としては、増加傾向にある業界だということも言えるでしょう。

建築・土木業界は、不動産業界の景気に左右される傾向が強い業界だと言えます。ですから、不動産業界同様に、不安定な業界であるといえるのです。前述にもあるように、現在のタイミングでは、不動産業界が息を吹き返した影響を受けて、建築業界の転職市場も賑わっており、特に設計士を中心として、売り手市場になっている傾向が見られます。ただし土木業界においては、公共投資額の減少の影響を受けて、不毛な状態が続いており、新しいビジネスモデルの確立が待たれているところです。求人のニーズは今後に期待されている状況にあります。

建築・土木業界においては、建築設計を始め、施工管理やインテリアデザインなど、所有しているスキルや資格などによって、転職事情や待遇面などが大きく変わっている業界であるとも言われています。ですから、自分が目指すべきキャリアプランを明確にしておき、転職をはじめる前には、必要な知識やスキル、さらには資格取得をしておきたいところですね。

その一例をあげると、建築設計・設計士の仕事は、住宅、オフィスビル、商業施設、都市の再開発 など種類も規模も多岐に渡っています。他にも、建築材料や構造・設備・デザイン。また色彩や、関連法規の知識取得が必要であり、さらに建築設計に関するトータルマネージメントが求められます。建築設計の資格には、建築設計士1級、2級、木造建築士の3種類ありますが、資格の取得だけでは設計の実務は難しく、転職を成功させるためには、業務経験がものをいうと言えるでしょう。リクルートエージェントやマイナビエージェントなどが、特に強い業界だと言えるでしょう。


Copyright (C) 2013-2017 <※2017年度決定版>転職サイト評価ランキング All Rights Reserved.