<※2017年度決定版>転職サイト評価ランキング

転職サイトランキングTOP >> 業界別・お勧め転職サイト >> マスコミ・広告

マスコミ・広告に強い転職サイト

さまざまにある職業の中で、ここではマスコミ・広告業界の転職事情について紹介をしていきましょう。いつの時代でも、憧れを抱かれているのが、この業界のイメージではないでしょうか。華やかだし、オシャレだし、クリエイティブな仕事だし、時代の流行なんてものも生み出すことができる業界ですからね。近年でいえば、広告といっても、Web広告の分野での転職が目立ちますし、相変わらず人気の高い業界であると言えるでしょう。

知っておいて欲しいのは、広告業界といっても、その範囲は非常に多岐にわたっているということです。一般的に名の通っているような大手広告代理店などに転職をしようと試みても、まず無理であるというのが、通説のようですね。大手の広告代理店などは、転職を希望している場合には、相当のスキルや知識が必要になってくるでしょう。また人脈なども、大事な要素になってきます。

一般的にマスコミや広告業界での転職の場合には、下請けの小さな制作会社にまず入って、人脈やコネクションを作っていくというのが、一般的な方法のようですね。実績を残し、人脈が作られると、大手の広告代理店などへの転職にもつながることになるでしょう。しかしながら、下請けとはいうものの、勤務時間があってないようなものですし、激務という言葉が軽いくらいの労働がまっています。自宅に帰る時間がなく、会社で過ごすなんてことは当たり前のような業界ですから、本当に目指すのであれば、覚悟というものをしておきましょう。

これはマスコミ業界でも全く一緒です。激務で知られている医師や看護師も顔負けの労働時間や過酷な勤務が待っています。さらに看護師や医師と大きく違っている点としては、収入が圧倒的に低いということです。駆け出しの看護師でも、看護師の給与は400万円前後とされていますが、マスコミ・広告関係は、200万円ちょっとというところがほとんどでしょう。ですから本当に好きだということと、続けていくという信念がない場合には続けていくことが難しい業界なのです。

マスコミ・広告業界での転職は、ほとんど求人が出ていないことがほとんどであり、募集を出しているような会社は、即戦力が欲しいというところがほとんどです。憧れがあり、未経験のままに転職をしたいと思っている方ならば、転職支援サービスサイトの老舗であるリクルートエージェントや、マイナビエージェント。さらにはDODAなどのサイトを利用し、募集やスカウトを待つというよりも、自分を売り込んでもらうという方法を取って転職活動を行うことが成功につながることでしょう。


Copyright (C) 2013-2017 <※2017年度決定版>転職サイト評価ランキング All Rights Reserved.